胃がん予防のためにヨーグルト

胃がん予防のためにヨーグルト 友人は胃の検査をしたところ、ピロリ菌が見つかったと言ってショックを受けていました。というのも、ピロリ菌は胃がんの原因にもなりうると言われているからです。普段から不摂生をしている友人は、それをきっかけにヨーグルトを食べることにしたそうです。あいかわらず不規則な生活は続いているそうで、朝ごはんにドーナツを食べて夜まで何も食べずラーメンとか、夜中に餃子で酒を飲んだりなどはしているようです。女性でも、自炊ができない人はなかなか食生活はなおらないものなので、今できる簡単なこと、という手段がヨーグルトを食べるということなのだそうです。できれば規則的な食生活をした上でヨーグルトを食べればいちばんいいのでしょうが、仕事が忙しいとそうもいかないようです。

ただ、ヨーグルトにピロリ菌を減らす乳酸菌が含まれているのは本当なのだそうです。ピロリ菌をゼロにするというのはなかなか難しいようですが、減らすだけでもだいぶがんのリスクが軽減されるのだそうです。中でも、ピロリ菌を減らすための乳酸菌が多く含まれているヨーグルトというのがあり、友人はそれを重点的に食べています。ピロリ菌を減らし、がんリスクをすくなくするため、規則正しい生活とヨーグルトが有効です。

Copyright (C)2015胃がん予防のためにヨーグルト.All rights reserved.